賃貸経営の新しいスタイル|マンション1棟買いで人生が華やぐ|目指せ高収入

マンション1棟買いで人生が華やぐ|目指せ高収入

男女

賃貸経営の新しいスタイル

説明

プロの運営ノウハウを導入

サブリースとは英語で又貸しのことで、物品等を持ち主から借り受けた者が、さらに別の者に貸与することをいいます。このサブリースですが、近年は賃貸住宅の経営方式として注目されています。つまりアパートやマンション等を第三者が借り上げ、それを入居者に転貸することで運営を行うのです。ここでいう第三者とは、不動産管理会社のことです。つまりサブリースとは、物件を所有するオーナーと、管理運営のノウハウを持つ管理会社とが、互いの経営資源を持ち寄ることで合理的な賃貸経営を実現するシステムであるわけです。見方を変えれば、サブリース方式を採用するならばオーナーは賃貸経営に関するノウハウを持っていなくてもいいということになります。そのため、この方式は日常的な管理業務に携われないサラリーマンオーナーなどにとって高いメリットを持つシステムとなっています。

収入の安定化をもたらす

サブリース方式の場合、オーナーと入居者の間には直接の契約関係が存在しません。そのため、入居時や更新時の手続き、退去時の住戸点検などの業務は、すべて管理会社が行うことになります。また、当然ながら家賃の集金業務も管理会社が責任を持って行うことになります。つまり滞納等が発生しても、オーナーはそれによって不利益を被ることがありません。そもそも入居者の確保自体が管理会社の責任になるため、各月における実際の家賃収納状況に関係なく、管理会社からオーナーに支払われる家賃の額は更新時に見直しが行われない限り常に一定です。その額はおおむね家賃の80〜90%が相場となっており、たとえ一時的に入居者がゼロになったとしても支払いは保証されます。